【最新シューズレビュー】ASICSメタスピード+シリーズ、スカイ+は〇〇、エッジ+は〇〇だ!!
【最新シューズレビュー】ASICSメタスピード+シリーズ、スカイ+は〇〇、エッジ+は〇〇だ!!

【最新シューズレビュー】ASICSメタスピード+シリーズ、スカイ+は〇〇、エッジ+は〇〇だ!!

編集長のおすすめ

どうも、表参道の低酸素ランニングジムRSLABで働きながら、ランニングYouTuber「こわだ君」としても活動中の編集長です。

今回は、2022年6月14日より販売が開始したASICSの最新カーボンシューズ「メタスピードスカイ+、エッジ+」を実際に履いて分かった特徴をレビューしていきます!
※あくまで個人の感想です!!

 

①メタスピードスカイ+について

【概要】
メタスピードスカイ+は歩幅の広い「ストライド型ランナー」向けのシューズです。
今作は、「FFブラストターボ」といわれる反発性のある軽量フォーム材が4%増量!
さらに、カーボンプレートがミッドソール内の上部に配置され、よりフラットな履き心地となっています。 

 

【実際にはいてみると…】
履いてびっくり!まず足を入れてみると、かかとに重心があるくらいフラットです。他のカーボンシューズは履いて立つだけでつま先立ちになるくらいの感覚ですが、スカイ+はフラットというのもうなづけます。

ただ、これが走り出してびっくり!走り出すと自然とつま先のカーボンプレートに乗れる感覚で、体の真下で接地できる不思議な感覚になります。一般的にカーボンが入った厚底シューズは反発が強くなる分ストライドが伸びる半面、体より前の接地になってしまい、余計な負荷がかかることによって怪我が増える(薄底シューズと比べると怪我する場所が変わる)と言われていますが、これなら自然と力を出しやすい位置で足を運べるようになったと思います。

実は僕も前作のスカイで、走っていてきつくなると体の前の方に接地してしまい、前ももや股関節で衝撃を吸収してしまっていたのですが、これならお尻やハムストといった大きな筋肉を使うことで怪我のリスクも減るように感じました。

 

【サイズ感】
前作は少し小さめの作りで、筆者は他のシューズより0.5㎝大きいサイズを履いていました。今作は他のシューズと同じサイズでも差支えないくらいのサイズ感となっています。

ただし、個人的には後述するエッジ+と比べると前足部の横幅ほどゆとりはないので、足のサイズや横幅が大きめの人には0.5大きいサイズが無難だと思います。あとは、靴下でサイズ感を調節してみてください。

 

【オススメ着用レース】
スカイ+を一言で表すなら「破壊力抜群のフライングシューズ」です。
フライングというのは先にスタートするわけではもちろんありません。よりストライドが伸び、体の下で接地して前足部で地面を蹴って進めるシューズは、下り坂を羽の生えた馬、ペガサスが飛ぶように走れる、そんな飛ぶ感覚が味わえるシューズです。

このシューズでフルマラソンを走りきれれば最高ですが、ともすると自分の足に対しても破壊力抜群かもしれません。だから、慣れるまではハーフまでの距離で、よりスピードが必要なレースでの着用をオススメします。このシューズをはいて30㎞くらいの距離走を難なくこなせるようになるまでは、10㎞やハーフでその疾走感を楽しむのが吉ですね。

 

 

 

②メタスピードエッジ+について

【概要】
このシューズは、歩幅が短いランナー、いわゆる「ピッチランナー」向けのシューズとなっています。ただ、前作との大きな違いは、スカイ+では4%増量した「FFブラストターボ」が16%も増量していること。また、前作よりミッドソールが4mm厚くなっています。

 

【実際にはいてみると…】
スカイ+は前作より進化したシューズといえますが、エッジ+はもはや前作とは違うシューズといっても過言ではないくらい進化している感覚でした。というのも、前作は他のシューズでいわれるカーボン特有の「厚底シューズ」というより、薄底に近い感覚のシューズでした。ただ今回は、履いた感覚は厚底のようなクッション性とホールド感があり、全く違うシューズのように感じます。しかし、走り出してみるとクセがなく、前作以上に万人が履きこなしやすいカーボンシューズになったといえます。

 

【サイズ感】
こちらも前作は少し小さめに感じましたが、今作は他のシューズと同じサイズ感で選んで問題ないと思います。特に、スカイ+以上に横幅を広く感じるので、これなら靴下でサイズ感を調節する必要もないかもしれません。

 

【オススメ着用レース】
エッジ+を一言で表すなら「万能調味料、安定のおふくろの味シューズ」です。カーボンシューズは「シューズに走らされる」と揶揄されるくらい履きこなすには難しく、前半のスピードに乗っているときは最高なのに、マラソン後半に足が止まった時はシューズを変えたくなるくらい反発がきつく感じてしまいます(あくまで個人的見解)。

そんなマラソン後半のきつくなった時に本領を発揮するのが、このエッジ+ではないでしょうか。そもそも、マラソン後半はよっぽどの一流ランナーでない限り歩幅が短くなり、走りが小さくなりがちです。だからこそ、このシューズで上手くリズムに乗って最後まで走ることができれば、好記録が期待できるのではないでしょうか。

自分はストライド型なのかピッチなのか分からない、そう悩むランナーにはこの万能タイプのエッジ+をおすすめします!

 

 

③まとめ

と、頑張ってシューズレビューしてみましたが、正直百聞は一見に如かず…もとい、百見は一履に如かず、です。ぜひ店頭で履いて、実際に走ってその良さを感じてください。ただし、「どこがフライングシューズだ!?」「どこが万能調味料だ!?」というクレームは受け付けないのであしからず。

※ちなみに、一定のペースでシューズを履き比べた動画も出しているのでぜひご覧ください!
驚くほどストライド、走りが変わります!!

 

 

 

シューズについて、詳しくはASICSのホームページをご覧ください。
METASPEED™+ / Find Your Speed.|アシックス公式 (asics.com)

 

ではまた!

 

ライター:こわだ君(BOOSTランニング編集長)

 

 

BOOSTが主催するランイベントの情報